中年の親父が人工知能ブームの影響を受けてこっそり勉強しているブログ

GPU付のマシンもなければ、ここ何年もまともにプログラミングをやっていなかったPython初心者の中年のおっさんが、人工知能ブームに乗って、Python, Anaconda, Theano、Tensorflow、Kerasを含めAIについていろいろ勉強をしてみたメモ

Anaconda, Theano、Tensorflow、Kerasのインストール

Windows環境でPythonを使って機械学習Deep Learningのプログラミングの勉強するために、Python、Tensorflow、Theano、Kerasをインストールした。

 

 

1.Anacondaのインストール

AnacondaにはPythonの環境が含まれている。機械学習に必要なPythonのsklearnなども入っている。Pythonと関連するライブラリー群を個別にインストして使うよりもこちらをまとめて入れた方が便利なので、Anacondaをインストする。

 

尚、以前、Pythonをインストしたことがあったので、事前にきれいに削除し、環境変数も消した。

 

Anacondaは以下のページからダウンロードした。

Download Anaconda Now! | Continuum

f:id:ColdSnap:20170827105640j:plain

ここで、Windows版を選ぶ。Pythonには2.xと3.xの2つの系統があって、この2つの間には完全な互換性がない。ライブラリの中にはまだPython3.xには移植されていないものもあるし、テキストやサンプルは2.x台で書いてあるものもまだたくさんある。しかし、今後は3.x台になってゆく流れがあるし、英語圏ではない日本人にとっては多言語処理のことを考えると3.xの方がよいと思われるので、3.xを選択した。

f:id:ColdSnap:20170827110159j:plain

ダウンロードしたあとは、出てくる指示通りにインストした。しかし、ここでハマった。

Failed to create Anaconda menus

というエラーが出たのだ。

 

いろいろ調べると、以下のようなことがわかった。

  • 管理者権限付きのアカウントで実行する必要がある
  • キットは普通にクリックするのではなく、ダウンロードしたフォルダーでそのファイルを右クリックして、「管理者権限で実行」する必要がある
  • インスト先のフォルダーも全員から参照できる場所にする

仕方ないので、Abortさせる。そして、気を取り直して、やり直した。すると、今度はProgramDataが空ではないというエラーが出た。そこで、ProgramDataの下を見ると、確かにAnacondaの巨大なデータが入ったフォルダーがあった。それを削除して、再度、管理者権限で実行すると、今度はうまくいった。

 

2.Theanoのインストール

Anacondaが入ってしまえば、TheanoやTensorflowのインストは簡単である。Windowsのスタートメニューから、Anaconda Pronptを選ぶ。

f:id:ColdSnap:20170827112533j:plain

プロンプトが出たら、

> conda install theano

と入力すれば、勝手にTheanoを探してくれる。

そして、リストを確認し、[y]を選べば、そのままインストしてくれる。

f:id:ColdSnap:20170827113105j:plain

3.Tensorflowのインストール

TensorflowのWindows版も、Conda Promptからインストできる。

>conda install tensorflow

とすれば、リストしてくれるので、そこで[y]を選べばいい。

尚、GPU搭載機であればさらにその対応モジュールも入れることになるのだが、この記事は、家のお安いノートPCで機械学習をやることが目的で、GPUは当然無いので、これでおわり。

f:id:ColdSnap:20170827113506j:plain

4.Kerasのインストール

Kerasは、なぜか、conda install ではなく、pipでやらないとうまくいかなかった。

同じく、Condaのプロンプト画面から次のように入力する。

>pip install keras

f:id:ColdSnap:20170827114214j:plain

インストールはこれで完了。

 

5.Importできるか確認

スタートメニューから、IPythonのプロンプトを起動し、

>import tensorflow

>import keras

を入力して、問題なければOK。

kerasをimportしたときには、

「Using TensorFlow backend.」というメッセージが出る。

 

6.Tensorflowのバージョンアップ

TensorflowはよくVersionが上がるので、Upgradeコマンドについても書いておく。例えば、1.3.0へのUpgradeは以下の通り

 

>pip install --upgrade tensorflow==1.3.0

 

f:id:ColdSnap:20170906121334p:plain